海外旅行の持ち物・必需品の準備なら[旅具]

HOME > マイレージカード

マイレージカードの選び方

マイレージとは、飛行機に乗った距離に応じてマイル(ポイントのようなもの)が貯まり、無料航空券や座席のアップグレードなどの特典に交換できる、航空会社のサービス・プログラムのことです。正式には、「FFP(Frequent Flyer Program)」と言います。

マイレージは各航空会社ごとの会員制になっているので、マイルの加算条件や特典交換などのルールは各航空会社によってそれぞれ規定が異なるけれど、いくつかの航空会社が提携し合って同じアライアンス(同盟、提携グループ)内でマイル付与、ラウンジ提供などのサービスを共有していることもあります。アライアンスにはスターアライアンス/ワンワールド/スカイチームの3つがあり、ANA全日空はスターアライアンス、JAL日本航空はワンワールドに所属しています。

>> アライアンス別航空会社一覧

基本的には飛行機に乗った後に入会してもマイルは加算されないので、出発前にぜひ入会しておきましょう(入会無料)。

スポンサードリンク



どの航空会社のマイレージ・プログラムも一長一短なので、どれを選ぶかは悩ましいところです。普段よく使う航空会社、路線などを考慮して、自分のライフスタイルに合ったマイレージを1つだけ(*)選ぶのが良いでしょう。

*同時に複数のマイレージを貯めている人をよく見かけますが、よほどたくさん飛行機に乗らない限り有効期限内に使えるほど貯まらないと思います。「分散より集中」がコツです。

マイレージを選ぶ際のポイントは以下の通り。ついついマイルを“貯める”ことばかりに目が向いてしまいがちですが、せっかく貯めたマイルも期限切れ等で使えなければ意味がありません。“使う”ことを前提に選ぶことこそが最大のポイントとなります。ぜひ参考にしてみてください。
  1. マイルの加算率(=マイルの貯めやすさ)
  2. 就航都市の多さ(=マイルの貯めやすさ&使いやすさ)
  3. 獲得マイルの有効期限(=マイルの使いやすさ)
  4. 特典交換に必要なマイル数(=マイルの使いやすさ)
  5. 特典航空券の取りやすさ(=マイルの使いやすさ)
  6. 上級会員へのハードルの高さ
  7. 上級会員のメリットの多さ
尚、マイレージカード一体型クレジットカードなら飛行機にまったく乗らなくてもクレジットカードでショッピングや支払いをするだけで、普段の生活の中で意識せずにマイルを貯めることができます。

ただこの場合、決済額が少ないと特典交換に必要な最低マイル数を貯めるのに数年を要するため、有効期限の長さが極めて重要になってきます。また、年会費無料のカードはないので年会費よりも1年間にショッピングで貯まるマイル数(を現金に換算した金額)の方が多くならないとメリットがありません。

スポンサードリンク




海外旅行持ち物リスト

パスポートクレジットカード国際キャッシュカード海外プリペイドカードトラベラーズチェック米ドル・日本円格安航空券ユーレイルパス海外旅行保険緊急連絡先リスト・コピーイエローカード(予防接種)証明写真マイレージカード国際学生証バックパックデイパック収納バッグビニール袋貴重品入れ財布ズボン・スカートショートパンツ・水着ジャケットウインドブレーカーフリース長袖シャツ・襟付きシャツ雨具サンダルメガネ・コンタクトレンズメガネ拭きトイレットペーパータオル歯ブラシ&歯磨き・石鹸シャンプー&リンス手鏡かみそり・ヒゲソリ・爪切り耳かき洗濯洗剤・釣り糸消毒薬・バンドエイド風邪薬・サプリメントスマートフォン目覚まし時計腕時計カメラ電卓世界地図英和辞書ガイドブックパスポートカバーボールペン&メモ帳南京錠ダイヤル錠ワイヤー錠懐中電灯アーミーナイフ精密ドライバーウェットティッシュ裁縫セットグラビア非常食


海外旅行いらない持ち物リスト

ユースホステル会員証ポケットティッシュバスタオルパソコン短波ラジオシュラフ(寝袋)コンパス(方位磁石)ガムテープ




持ち物リスト一人旅基礎知識海外旅行記おすすめ旅行本おすすめホテル