海外旅行の持ち物・必需品の準備なら[旅具]

HOME > 海外一人旅基礎知識 > パスポートの申請・更新方法

パスポートの申請・更新方法

パスポートの更新について

有効期限が残り1年未満となった場合、パスポート更新手続きをすることができます("切替発給"と言います)。

ビザ取得時または入国時にパスポートの有効期限が6ヶ月以上残っていることが条件になっている国もありますので、残り6ヶ月を切る前に更新するようにしましょう。

パスポート更新手続きは新規パスポート申請の場合と同様ですが、必要書類のうち戸籍謄本(記載事項に変更がない場合)と身元確認書類が不要となります。

スポンサードリンク


パスポートの申請・更新場所

国内で申請・更新する場合

各都道府県にある窓口に出向いて手続きします。

パスポート申請・更新窓口一覧/外務省

海外で申請・更新する場合

世界各国にある在外公館(日本大使館・総領事館)に出向いて手続きします。

在外公館リスト/外務省

パスポートの種類

5年間有効なパスポート(表紙は紺色)と、10年間有効なパスポート(表紙は赤色)の2種類あります。20歳未満の方は5年のみ、20歳以上の方はどちらか好きな方を選べます。

5年と10年どっちがいいの?

更新の手間を考えれば、迷わず10年です。ただ、頻繁にビザ(査証)を取ったり出入国を繰り返したりすると、その都度スタンプが押され、査証欄がすぐに埋まってしまいます。

査証欄は1度だけ増補できますが、それでも足りなくなったら(スタンプを押す余白がなくなったら)、そのパスポートは10年経っていなくても実質的にはもう使えません

尚、増補はパスポートの申請・更新時に同時に手続きできるので、面倒な人ははじめから増補しておくという手もあります。かなり分厚くなってしまうのが難点ですが・・・。

スポンサードリンク


パスポートの申請・更新料(手数料)

国内で申請・更新する場合

5年旅券:11,000円 ※12歳未満は6,000円
10年旅券:16,000円

海外で申請・更新する場合

日本国内と同等額を現地通貨で支払いますが、換算レートによってはお得な場合もあります。

(ご参考)
  総ページ数 査証欄ページ数 申請料
10年旅券 50ページ 44ページ 16,000円
5年旅券 34ページ 28ページ 11,000円
※12歳未満は6,000円
増補 -- 40ページ 2,500円

パスポートの申請・更新に必要なもの

国内で申請・更新する場合

・一般旅券発給申請書1通
・写真(縦45mm×横35mm、顔の縦の長さ34±2mm、縁なし、無背景)1葉
・戸籍謄(抄)本(6ヶ月以内に作成されたもの)1通
 ※記載事項に変更がない場合は不要。
・住民票の写し1通
 ※住民基本台帳ネットワークシステムの運用を開始した都道府県の申請窓口で申請される方は原則不要)
・有効なパスポート

海外で申請する場合

・一般旅券発給申請書1〜2通(在外公館にあります)
・写真(縦45mm×横35mm、顔の縦の長さ34±2mm、縁なし、無背景)1〜2葉
 ※IC旅券作成機が設置されていない在外公館での申請は、一般旅券発給申請書2通・写真2葉が必要。
・戸籍謄(抄)本(6ヶ月以内に作成されたもの)1通
 ※記載事項に変更がない場合は不要。
・有効なパスポート


▽ サイト内関連ページ
パスポートカバー

スポンサードリンク




海外一人旅基礎知識

目標の設定・達成方法ルートの選択・作成方法パスポートの申請・更新方法ビザの申請・取得方法海外旅行の費用見積方法海外旅行の所持金分配方法外貨両替手数料を安くする方法荷物のバックパッキング方法飛行機の搭乗方法(乗り方)海外旅行中のPC・写真バックアップ方法海外旅行中のメール管理方法海外旅行中の貴重品管理方法海外旅行中の洗濯方法海外で格安ホテルを歩いて探す方法海外でチケットを購入する方法海外で値引きを交渉する方法長期海外旅行で免疫力を高める方法




海外旅行持ち物リスト海外一人旅基礎知識海外旅行記海外旅行おすすめ本旅人プロフィール海外旅行情報リンク
クレジットカード 海外旅行保険激安航空券 比較激安ホテル 予約